cecile's Bathroom

都内勤務の会社員。女の子がバスルームで過ごす時間のようなブログ。

【ダイエット】DAY1

久しぶりの更新なのにいきなりハードモードです。

とりあえず、2年前の体重とか体形と全然違う!ってことにようやく自覚が出てきて、いろいろな偶然と出会いにより、ダイエットを始めることに。

 

もう10年近く本気でダイエットはしてないので不安ですが、パーソナルトレーニングの契約をして本気を出してやることに…。

10年前と違って忙しいけど大丈夫かな、という不安をお金で解決することにしました。。

そもそも運動とか全然好きでもないし、やったことない私がジムを5年も契約して、なんとなーく運動した気分になってること自体が間違ってましたね、はい。

 

とりあえず、1日目は覚えたてのトレーニングを、お家でできることだけ復習。

食べた食事はトレーナーに報告。

日程等々いろいろあって、次回トレーニングは25日。

それまでは食事とランニングなどでまかなうことに。

成果が出るのか不安だけど、目標達成は得意なはず、なので頑張ってみようと思います。

とにかく、仕事はおろそかにしない、ってことだけは守ろうと思います。

そういえば、いつなんどきも、ダイエットのきっかけは誰かを「好き」だと思い始めたときだったな。

では、Au revoir!!!!

英語が苦手になってしまった日

こんばんは。

ここ最近は、映画ブームが来ていて、カフェソサエティ、スプリット、パーソナルショッパーと続けて3本観ました。クリステン・スチュアート祭りです。

確か、同い年くらいだったような。彼女は脱いでも全然セクシーじゃないので、脱ぎ損ですね。

そんな感じで映画を観るぐらいの余裕が出てきました。

仕事もとりあえず休みを取ったり、採用担当をしているので採用イベントに出たりして、自分の仕事は全然進んでないのに、マーケットと数字から離れてるせいか、なぜか心に余裕があります…笑

気持ちがあっちにいったりこっちにいったりして、ここ数か月、精神が不安定だったのですが、後輩から「運動したほうがいい」とアドバイスされたり、親友から「彼じゃなくたって代わりはいくらでもいるじゃないの?」とアドバイスされたりして心が穏やかになってます。

 

昨日はお気に入り映画館ベスト3のうちの1つ、六本木ヒルズのTOHOシネマズに行きました。

映画を観終わったあとは、感想を整理したり、気持ちを落ち着かせたりする(?)時間のためにカフェに行くのですが、スタバで座ってたら隣のインド人に声を掛けられて少し話していたのですが、全然英語ができなくなってたことにショックでした。

あとは、「5年後の仕事は何をしていたい?」「将来の夢は?」と聞かれて、何1つ答えられなかったことがショックでした。(もちろん日本語でも答えられないって意味)

 

日本にいると同じ会社で働くことが前提になっていたり、終身雇用制度が根強かったりして、そういうこと本当に考えなくなってしまうなと。

そして、将来の夢って言われても…

夢なんて…

って気持ちになりました。

つまらない大人になったなあ。

そして、全然英語ができなくなっていたこともショックだったので、定期的に彼とは会って英語で話そう!彼は日本語を勉強しよう!ということになり、昨日から英語でチャットするようになりました。

 

あれだけ大好きだった英語も全然使わないと、できなくなってしまうものなんだなあ。

これからは英語を積極的に使おう。

そして、将来のこと、自分のこと、もっと語れるようになろう。

 

女子会で「彼がどうだ」「社内のあれがどうだ」「結婚がどうだ」「浮気だ」「不倫だ」そんなこと話してないで、もっと違うことにも目を向けられるようにしよう。

 

 

【映画】カフェ・ソサエティ

お久しぶりです。

先日、どうしても飲みたい人を退社10分後に誘ってみましたが、華金

当然会えず。

17時過ぎには退社してたので、サクっと映画館を調べて、近場のみゆき座でカフェ・ソサエティを。

映画の宣伝を見て、「ウディアレンの新作か。しかも、ブレイクライブリー出るんだ…観たいな、㋄?だいぶ先だ…」と思ったのが2月。時がたつのは本当に早いものです。

今回は、久しぶりのみゆき座。

席はP15

一番後方の端です

適当に窓口のお姉さんが選んだので、もう少し前にすればよかったな。

あと5列くらい前がよかったです。

 

内容は、1930年代のハリウッドの話。

ウディアレン独特のコメディは健在。

冒頭から爆笑しちゃいました。

カフェ・ソサエティとは、社交界のこと。

きらびやかな映像とシャネル提供の衣装はかなりの見ごたえありです。

ただ、ウディアレン好きには少し物足りないかもしれないけれど。

30年代のあの独特の雰囲気が好きすぎて見入っちゃう。

若いピュアな青年と、成功していて奥さんや子供がいる社交界のおじさま。

2人から愛されたヴェロニカ。

また、2人のヴェロニカを愛したボビー。

結局、人生は何かを選択し続けなくてはいけない。

そして、そのときベストだと思う選択肢を選び続けて前に進むんだよね。

最後に、2人が再開するシーン。

ラストシーンは、未来想像させるような終わり方なんですが、私はジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュアートがまた付き合うような気がするんですよね。

ジェシーは裏切りとかあざといことはしないような人で、でもクリステンは都合のいいときに都合のいい男を選んでたイメージ。

 

もう1度観たいな。

 

 

 

心が折れてしまわぬ前に。

 

 

 

f:id:cecile_coco:20161001224913j:image

 

今日、友人2人(今回は服飾時代の友達であり、唯一今も継続した交友関係がある親友たち)と3人で1日過ごしていたのだけれど、そのうち1人が仕事を辞めたいとのことでその話を主にしてた。

仕事って、辞めたいって思うことはきっと誰でもあるけれども、「○○○○の理由で辞めたい」っていう明確な理由はなくて、小さな小さなストレスや会社との考え方の違いとか人間関係とかが積み重なって、大きく崩れてしまったときに、「あっ、ダメだ、もう、1秒でも早く辞めたい…今日はもう会社に行けない」ってなるんだなと。

明確な理由なんてなくて。

 

でもそれって、1人だけで抱え込んでしまうと、

「自分が弱いだけで他の人から見たら全然たいしたことなくて、自分だけが辛がっていて、逃げてるんじゃないか?」

「ほかの会社に行ったって、自分は弱いから情けないから甘えてるから、また同じことの繰り返しなんじゃないか?」

「次の会社に行ったって、幸せになれるなんて限らないじゃないか…」

って思ってしまって、どんどん1人で追い詰められてしまう。

 

今日、話しながら自然と涙を流す友達を見て、

「つらかったんだね、大丈夫だよ、もう辞めたっていいんじゃない?」

「無職の期間がもしあって、家族といるのがつらかったら、うちに来なよ」

って話をしてたら、うなずきながら泣いてて。

 

 

そうやって人って無意識のうちに、我慢したり追い込んでしまったりして、ある日突然限界が来るんだなって。

もちろん、そういう人だって休日は楽しく会話したり買い物したりできるんだけど、仕事のことを考えたり、思い出したり、話したりすると辛くなってしまうんだろう。

 

当然、辞めるかどうかは彼女の決断になるし、私たちには助言することも誘導することも、どうすることもしてはいけないし、できないけれども、自分にとって大切な人が少しでも様子がおかしかったり、つらそうなことがあったら、いち早く気づいてあげてケアしてあげることで守ってあげられるのかもしれないなと思った1日。

 

最後に彼女が「自分はそこまで辛くて悩んでるつもりなかったからびっくりした。こんなに私を心配してくれてる人が2人もいるんだって思ったら、安心したし、嬉しかった」って話してた。

 

私もツライことがあったら、少しずつ軌道修正したり、周りに優しくしてもらったり、こころのメンテナンスをすることも仕事のうちの1つにするべきなんだなって思いました。

東京という街

 

f:id:cecile_coco:20160922185712j:image

 

最近は、いつもの高校時代の友人5人とは別に大阪から転勤で東京に戻ってきた高校の友達ともよく会っています。

彼女はもともと少しメンタルが弱めで、でも頑張り屋さんな友達。理想も高くて、THE女子という恋愛至上主義タイプの子。

4月に東京に戻ってきて、どうやら昔と変わらず、恋愛に悩んでいる様子。

大学時代は近くに住んでいたのでたまに会ってはいたものの、私は大学が楽しすぎて勉強に打ち込みすぎ、当時付き合ってた彼氏も遠方に住んでいて毎月プチ旅行で他大の友達に会う時間も特にもうけていなかったので疎遠だったのですが、社会人になった途端びっくりするほど交友関係が変わって彼女と頻繁に会うように。

社会人になってからは、大学時代の服飾の友達とは徐々に疎遠になり、高校時代のバリキャリ友達とばかり会うようになりました。

なんだか少し切ない。

 

彼女はとりあえず、すぐ病むのに浮気性で女に関心がないようなイケイケサラリーマンが好き。しかもイケメン。笑

女子会中に彼女にはイケリーマンと一緒にいても幸せになれない性格だと思うから、ただただ無限に優しい人と付き合ってみたらという話を。

そんな彼女に、旦那の同級生を紹介してみた。

彼は東京育ち、横浜の有名男子校卒だし、KO大だし、頭もいいしスペックも問題ないし無限に優しい。

そんな彼と私と友達と3人で新幹線で大阪へ旅行に。(現地で旦那と合流して4人で旅行しました)

 

行きの新幹線に乗ってるとき、彼女から「実は休職している」という話を。

もともとこっちに戻ってきたって話を聞いたときから心配はしていたのであまり驚かなかったけど、いろいろ考えてしまった。

自分と同じようなスペックの友達が休職かあ、って。

そのまま彼女が働いていた大阪の地を観光していたのですが、大阪ってやっぱり東京より全然田舎なんですね。

というか東京って本当にすべてが詰まりすぎているというか。

帰りの新幹線で、私が「最近、すべてを手に入れたくて何をあきらめたらいいのかわからないんだよね」って何気なく話したら、

彼女がボソッと

「東京はキリがない街。自分より稼いでる人もたくさんいて、自分より仕事ができる人がたくさんいて、欲しいものが必ず手に入って、誰にでも簡単に会える街。

地方に行けば、仕事にも物理的限界があったり、出会いにも限界があるの。

すべてを手に入れようとすると無限に可能で疲れちゃうんだよ」

と。

東京育ちの彼にはピンとこなかったみたいだけれど地方出身の私たちには、東京という街は無限の可能性があって、会いたい人にも会えて、手に入れたいものがすぐに手に入り、行きたいところにもすぐに行けるという終わりなき街なのだ…

 

この終わりなき街で生き残るのも大変な気がするけれども、この街で出会える人や物は大切にしたいなと思います。

そして、心の健康は維持できるようにしなくちゃなあって思います。

【旅行】フランス旅行の総括

これは、あくまで自分的メモ。

 

f:id:cecile_coco:20160910052108j:image

 

ニースでのメモ。

・ムヒを持つべきだった

→毎回虫除けするのは面倒でも、アフターケアー用品は必須だった。

 

・事前天気とは関係なくリゾートに行くときは水着を持つこと。

→寒いと噂だったけれど、天気も良くて、ホテルのプールやジャグジーでも使えたので、持って行くべきだった(一応、水着は現地で15€ぐらいで販売されていた)

 

・同じく、ノースリーブやサマードレスは荷物にならないからたくさん持ってくるべきだった。

→暑すぎた

 

ニースはあまり反省点なしかな?

 

 

f:id:cecile_coco:20160910052438j:image

 

パリでのメモ。

・地下鉄の感覚がわからなすぎる

→これは仕方ないかもしれないけどパリでは、いつも道に迷うし、いつも一緒に行く人と道や地下鉄やバスのことで喧嘩になる。

例えば、東京でいったら

「北千住行き」と「代々木上原行き」があったら、どっちがどういうエリアに行くかってすぐにピンとくるんだけど、そういうのが全くない状態でメトロに乗ってるような感覚。

 

・次また来たら行きたい場所

→ラ=ファイエットの下着売り場。シルクのパジャマなどが200€程度で購入できそう。

ノートルダム大聖堂の屋上。

エッフェル塔の上に登る。

夜の凱旋門。

夜景を楽しむ。

夏なら、再度セーヌ川クルーズ。

今度こそ今度こそ!マレ地区でお買い物。

ジュヴェルニーの庭観光。

 

・お財布とは別のカードホルダー

→ホテルのカードキーやメトロの切符やスイカ、ミュージアムパスなど財布とは別にしておきたいものを入れる何か(いちいち財布を出すのがよくない)

 

・今回の両替は2人で370€

→たぶん40€ぐらい余ってるかな?

現金払いのもの

→主に、タクシー、マルシェでの買い物、現地ツアーの参加費、バスの切符

 

・忘れ物

→パリのバスの路線図、脱いだ服を入れる袋

 

・活躍したもの

→自撮り棒、アクセサリーケース、ウェットティッシュ、除菌ジェル、襟付きのシャツ(日焼け防止)

 

・化粧を落とさずに寝てばかりだったので、メイク落としシートを持って来ればよかった

 

・少しフランス語の予習してくればよかった

→大学時代語学はフランス語で単位を取って卒業したにも関わらず結構忘れてる(8単位近く取ってたのに…)

 

・機内用のスリッパ

→使い捨てのやつしか持ってきてなかった

 

今回は反省点はあまりなしかな?

些細なことばかりでした。

 

【旅行】フランス・パリ3日目

パリも最終日!

旦那の飛行機の関係もあり、6泊8日での旅行でした。帰国したら即仕事だ…!

 

3日目は、彼は体調不良のため1日お留守番。

最初は申し訳なくて、一緒にベッドでゴロゴロしてたのですが、途中からやっぱり外に出たいー!と思い、9:00に朝食を食べて、9:30には外出しちゃいました。

午後は一緒に観光したいな、と思ってたので、午前は買い物に。

パリの東急ハンズとか言われてる、ベーアッシュヴェーに行きました。

開店は9:30〜エリアは、マレ地区になるのかな?

人は少なくて、とてもよかったです。

しかし、ラ=ファイエットの商品も置いているみたいで、欲しかったものがラ=ファイエットオリジナル商品。

実はラ=ファイエットの10%オフカードを持っていたので、ここではお洋服は買わず。

Majeというブランドのドレスが可愛かったなぁ。

買うかだいぶ悩みました。275€。

今更だけど買えば良かったかな…

あとはラ=ファイエットのオリジナルのバッグが可愛かったのと(60€ぐらいだったんだけど、全部革じゃないよね?フェイクっぽかったので、見送り)、70€ぐらいで革の手袋が売ってたのでそれもよかったですね。

パリは欲しいものがたくさん…

 

そのあとは仕事用の手帳やら友達へのお土産を文具売り場にて購入。

毎年、手帳はクオバディスにしてるのですが、日本より全然安いので、今回は大きめのやつにしてみました。月がフランス語表記なので使いにくいですが、英語とほぼ同じなので問題なしです。どうせ毎日使うし…

友達へのお土産は、クリスチャンラクロワのノート。とても高かったけど、すごく素敵なの。服飾時代の友達へ。

あとは、毎週のように悩み相談してあげてる高校の同級生(かなりメンヘラ笑)

MRで仕事ウーマンなので、可愛いToDoリストセット!

そのあともお土産調達。

あとは誰にあげるとかは決めずに、パリのエステブランド、ESTEBANのサシェ

1個5€ぐらいなのに、高級エステの香りを提供できます笑

これは6個ぐらい購入。

匂いは全部で8種類ぐらいあったかな?最初は全部購入しようと思ったけど、買いすぎかなと思いやめました笑

手軽なお土産にオススメです!

 

12:00に戻るとメモを残してきたので、これらを購入して、11:30にお店を出ました。

 

12:00に戻ってきましたが、まだ寝てるとのことだったので、午後は観光へ。

空いてる午前に観光しておけばよかったなぁ、とちょっと後悔。

 f:id:cecile_coco:20160910050443j:image

 

案の定、ノートルダム大聖堂は長蛇の列。

登るのは諦めました。

登れば良かったかな?でもさすがに、1人でずーっとあそこに並んで、登ったときの感動も誰とも共有できないのは切ない…

一人旅、基本的に反対派です。笑

 

f:id:cecile_coco:20160910050706j:image

 

 そこからは、歩いてポンピドゥーまで。

ポンピドゥーは、上野でポンピドゥー展を見たので中には入らず。

 

 あとは、オペラ座を観光。

オーストリアのオペラ座は入って、オーケストラの鑑賞もしましたが、パリのオペラ座は別格!

初めて入ったのですが最高でした。

f:id:cecile_coco:20160910045233j:image

f:id:cecile_coco:20160910045334j:image

 

本日は19:30〜バレエの公演があるみたいです。

次来たら、是非鑑賞したいなぁ。

バレエをやってる子が広場でポーズをとって写真撮影してて可愛かったです。

見るところは意外とたくさんあって、ほとんどのエリアを公開してました。

衣装の展示などもやってました。

大学時代、バレエの衣装デザインとかやったなぁ、と思い懐かしんでました。

 

それから、オルセーへ。

もうこの時点で16:00

閉館は、18:00

2時間あるから余裕だろうな、と思ったら全然!

結局、2フロア見られませんでした…。

ちなみに、フランスの美術館の閉館時間は、職員の帰る時間であり、鑑賞の最終時間ではないので注意してくださいね!!!

絶対、45分前からまくしたてられて、15分前には確実に追い出されます笑

 

オルセーは、ゴッホとティソがよかったです。

もちろんルノアールなんかもよかったけど。

卒論がジャポニスム絵画だったので、とても楽しめました。

 

f:id:cecile_coco:20160910045943j:image

 

18:00に1度戻り、ラ=ファイエットに一緒に行くか聞いてみたところ行かないとのことなので1人で…(´Д` )

とりあえず、先ほどの欲しかったものを10%オフで購入!

あとは、パリでしか購入出来ない日本未上陸のものを探してたら大好きな香水売り場へ♡

まんまと、日本未上陸ブランドの香水をお買い上げして1度帰宅。

お菓子のお土産を探したのですが、どうやら小分けになってるものはチョコレートしかなく…

チョコレートだと日本は暑すぎるんじゃないかなと思い断念。

 

帰宅して、荷物を置いて、最後に残していたエッフェル塔

一緒に行きたかったけど、1人で行くことに…

もうすでに20:00を回ってたので、外は薄明るいですがちょっと心配。

地下鉄で7駅で着いたものの、人はたくさんいるけれど、1人の人はいない…

いたとしても、よくわかんない中年おじちゃんぐらい。エッフェル塔のそばは、あの変なエッフェル塔のガラクタ売りがいっぱいいて、悪ガキンチョみたいなのもたくさん。

 

地下鉄で帰るつもりだったので、身の安全を守るためにとエッフェル塔には登らず…

 

f:id:cecile_coco:20160910051257j:image

 

夜景好きの私にとってはとても残念でしたが、とても綺麗でした!

 

これにて、パリ観光は終了!

 

やっぱりパリは女友達と来るのが楽しいかもね。お買い物的な意味でも。

ではまた!

 

f:id:cecile_coco:20160910051508j:image